STAFF BLOGスタッフブログ

試食提供から販売に繋げるお客様へのトーク術【栄養編】

セールスプロモーション【実績】 マーケティング

図1

 

お正月産まれの井上知紀です。

18歳より5年間、輸入果物のキャンペーンディレクターとして、
アルバイトながら述べ150万人のお客様へ商品の美味しさ、付加価値をお伝えしてきました。

現場5年、管理者10年の経験から現在では店頭プロモーションにおいての教育に携わらせていただいております。

店頭プロモーションに携わらせていただくこと15年、僕の経験の一部をお話させていただきます。

 

さて、前回は味についてお話させていただきました。

今回は一歩先の栄養についてお話させていただきます。

お客様はあなたの商品なんて欲しくない!

先ずは栄養について何を伝えればいいのか?

お客様の気持ちになればすぐにわかります。

つまり『ベネフィット』

 

ベネフィットとはその商品から得られるメリットです。

簡単な例で言うと、風邪薬。

風邪薬って風邪薬が欲しくて買うわけではないですよね?

『あ~風邪薬欲しー』なんて方はいないはず。
どうゆう事かと言うと、お客様は風邪薬が欲しいのではなく、
風邪が治って元気な生活を送れる自分が欲しいのです。

 

『ビタミンCが○○mg含まれてます!』

『レモンの何倍なんですよ!』

なんて言ってもお客様には伝わらないのです。

『だから、どうなる』が大切です。

商品に含まれる主要栄養素を理解し、
その栄養素からどんな効果が期待できるのかを把握していないと、
何も伝えられません。

 

では食品の場合は?

栄養素もそうですが、お客様が何を求めているのかを把握するために、
会話の中から欲求を拾うことも大切です。

例えば高齢の女性の多くが便秘に悩んでます、
商品の主要栄養素に食物繊維が含まれるなら、
食物繊維から得られる整腸作用を話して差し上げると、とても興味が沸いてくるものです。

 

ベネフィットが伝わった時、期待が価格を超えますので多少高価なものでも、気にならなくなります。

『商品が高いから売れない』は言い訳にしかなりません。

お客様が高いと思うのは説明が価格を下回った時です、
とにかく知識で武装して臨みましょう。

 

まとめ

以上、いかがでしたか?

グッドウェーブプロモーションでは、
ただただ商品をおススメするようなセールスプロモーションは行いません。

 

しっかりとその商品がお客様に対し、どのようなメリットをもたらすのか。
商品の先にある未来をお伝えすることで、
その商品がお客様に対し「価値」のあるものだということをしっかりとお伝えします。

それが結果的に商品の購入に繋がるのです。

次回は安全性についてお話させていただきますね。

 

記事を書いた人

真島

PR2

全国でフルーツサンプリングのお仕事してます(*'ω'*)
ポムポムプリンとCHEMISTRY、おいしいものと楽しいこと、アニメも大好き!
目標は「余裕を持って丁寧に」頑張っていきます!!

カテゴリー

最新の記事