STAFF BLOGスタッフブログ

【アルバイト採用の悩み】その面接だけで危険な人材を見抜けていますか…?

面接ノウハウ

IMG_0715こんにちは( ・∀・)ノ

「主な出没地はタワレコ渋谷店」
音楽大好き保田です。

そんな保田が今回お伝えする内容は音楽…
ではなく「アルバイトの採用」についてです。

弊社は多くの企業からイベントスタッフ手配に関してご相談いただくのですが
弊社への依頼のキッカケに「アルバイト採用の失敗」も中にはあります。

「採用したアルバイトが当日にバックれた!」
「面接時は良いと思ったが、いざ仕事が始まったらヤル気が無い…。」
「問題を起こして辞めていった(怒)」

等の経験があり、採用面接に自信を無くしかけている担当者さんに
保田がアルバイトの採用(面接)について大切に思うことをお伝えします。

 

面接は二段階あると思え

ハッキリ言いましょう。

「面接だけで相手の本質を完全に見抜くのは無理です」

magnifier4_woman

応募者の多くは面接に合格しようと全力のコミュニケーションを意識してくるので
「いい顔をする」「喜ばれる回答をしようとする」のは当然なのです。

「面接は二段階あると思え」 要は

小学生の遠足が「帰るまでが遠足です!」と言われるのと同様
面接も「その後の説明・誓約書へのサインまでが面接」と思ってください。

なぜなら面接通過後、応募者は間違いなく面接時より素に近い姿に戻るからです

面接通過後に説明時間を設けていますか?
ビデオを見せて終わり~とか、紙を渡して見ておいてね~
で済ませずに、対面・口頭で勤務に関してのルール事項等を伝えることで
面接時とはまた違う相手の話を聞く姿勢、質問の内容、基本マナーや協調性等を見ることが出来ます。

 

面接後に何を伝えていますか?

面接後のルール説明で何を伝えるかも重要です。setsumeikai_seminar

弊社では面接通過者に「新人研修」という形で、勤務をするにあたり重要な内容

①注意事項(働く目的、トラブルシューティング、やってはいけないこと等)
②ルール事項(入職方法や、支払方法、法に関わる内容等)

を、書面の記載含め、対面でエネルギーを込めて伝える努力をします。
規則や価値観を共有をしておかないと後々のトラブル発生率が大きく変わってきます。
「ちゃんと伝えたし、書面も確認したよね?」この状態にするのは必須です。

 

選ぶ権利は相手にもある

規則や価値観を共有したうえで、最後に気を付けてほしいことは
「勤務希望シフトは自分の意志で提出させる」ということです。

その場の雰囲気でこちらからシフト提出を強制すると
後々面倒事につながる可能性が出てきます。

働くかどうか選ぶ権利は応募者にもあります。
あくまで「ルール等確認したうえで、自分の意志で働こうと行動している」
この状態にするのが大切です。

当然、中にはシフトが出てこない(実質辞退)人も出てくるでしょう。
そのような人はルールや規則、法を守れない事情がある人
守る自信が無い可能性がある人と考えましょう。

 

まとめ

以上、面接後の説明時間も面接の気持ちで臨んでみてください。
ただ、相手を見抜こうとばかり必死になるのはNG!
忘れてはいけないことは、注意事項をしっかり伝えつつも

「この環境、楽しそう♪」
「この人たちと働きたい☆」
「このお仕事、やりがいがありそうだな!」

と思ってもらえるようなコミュニケーションをとることです。
応募者の方に選んでもらえる努力は忘れてはいけません。

面接後の時間はそのためのものでもあると思ってくださいね(´∀`*)ノシleader_woman

記事を書いた人

保田 寛

保田 寛【総務担当】

総務部

株式会社グッドウェーブプロモーションの総務とし社内全般のサポートや採用サポートを行なっています。
今まで面接した人数は2,000人超!
NLPや行動科学、コーチング等の学びを活かし、スタッフ教育やマネージメントにも力を入れています。
音楽(特にイエモン❤︎)や読書、漫画が好きで、社内レンタルサービスも実施中(笑)

カテゴリー

最新の記事