STAFF BLOGスタッフブログ

新入社員へ教育したい!報告をするときの4原則

育成ノウハウ

新人研修みなさんこんにちは!

グッドウェーブプロモーションの添谷です。
弊社では、今年の5月に新入社員が4名も仲間入りしました。

確か自分にもそんな時があったなぁと・・・
かなり遠い遠い遠い記憶をたどっています^^;

今回は、そんな遠い記憶をたどる方・新マイ先輩・新マイ上司必見!
是非指示出しのときに一緒に伝えて欲しい♪

報告を受けるポイント“報告の4原則”について
お話したいと思います。

①タイムリーな報告

タイムリーって?
それは欲しいと思うタイミングでの報告です。

しかも悪い報告こそ直ぐにする!

良い事はすぐに伝えたいですよね。
褒めて欲しい気持ちもわかります。

ですが・・・悪い報告こそ直ぐにしておけば
アドバイスを受けることで、問題が回避出来たということも。
こんな後悔をしない為にも悪い報告こそ直ぐにする!

そもそも報告しないなんてもったいないです。

 

②アラームを鳴らす

このままやっても上手くいかないかもしれない・・・
そんな時は前もって連絡です!

間際に「出来ませんでした

「でした!?」もっと早めに報告してくれれば
別の手が打てたのに・・・。
こんな悔いを残さない為にも前もって連絡です!

「もう少し改善してから」なんて考えは不要です。

 

③要求されたレベルで報告

どんな報告が欲しいのだろう・・・予想しましょう。

指示者がまず何を報告して欲しいと思っているのかを
把握することがポイントです。

報告前に考えを整理。
○○について報告があるのですが、○分ほどお時間を
頂けますでしょうか。
所要時間を伝え、確認をとるなんて行動が出来たら◎

まずは相手の立場に立って予想と把握!

報告が必要以上に細かすぎる。不足しているなんて事がないように!

 

④結論から報告

いつまでも結論を言わない。
言いたいことが分からない。

最終的に「何が言いたいんだ!」ということに・・・

ポイントは簡単です!結果を先に伝えること。
「結論からいうと」と話し始めれば、必然的に結果から話せます。
理由は後から説明すれば大丈夫。

結論が分かれば、「それはなぜだろう?」
指示者も聞く姿勢がとれますよ。

 

まとめ

以上が“報告の4原則”でした。

そうそう!と感じた方もいたのではないでしょうか。

是非この4原則をお試しください☆

 

 

記事を書いた人

Kayo Soetani

Kayo Soetani

入社当初は営業サポート・スタッフ管理を担当。現在は営業サポートに携わりつつ主にお金の計算、他雑務を担当しています。
週末の楽しみはテニスとキッチンに立ちながらの一杯。
テニスで培った体力で周囲に豪速球をなげています。

カテゴリー

最新の記事