STAFF BLOGスタッフブログ

【人材育成】傘で「るろうに剣心ごっこ」をしていた小学校時代がいい例だよね

育成ノウハウ

akiba
音楽情報が足りていません!
おススメのアーティストを教えてください!

こんにちは、GWPの音楽好き担当・保田です。

意味不明なタイトルですが
本日のテーマは「育成」についてです。

「子供の才能って、どうしたら伸びるの…?」
「部下の育成が思った通りにいかない…」
「アルバイトスタッフにもっと活躍してほしいけど…」

そのような悩みをお持ちの
上司、店長、パパ・ママは是非参考にしていただきたい

「人は持ち物を使いたがる法則」についてお話しします。

持ち物は使いたくなる!

例えば、小学校時代の下校時を思い出してみてください。

拾った石を何かに投げる
ランドセルを遊び道具に使う
雨上がりの下校時、傘を剣として遊ぶ

こんな子、いましたよね?(笑)

人は持っているものを
意識的にも、無意識的にも使いたがります。
20150623_1615920

形の無い持ち物も使いたくなる!

形の無い持ち物も使ってしまうのが人間です。
「性格」「使命」「経験」等がわかりやすいところです。

例えば、何か困難にぶつかった時

諦め癖がある人は、その性格を使おうとします。
使命を持っている人は、使命を掲げて立ち向かおうとします。
過去の経験を使って困難を乗り越えようとする人もいるでしょう。

ちなみに保田は、めんどくさくなった時
「ほら、俺B型じゃん?」と持ってる血液型を使います(笑)
Bがた

 

効果的な育成①「持ち物に気付かせること」

持ち物を使うのが人の習性ならば
長所となる持ち物にたくさん気付かせることが育成につながります。

自覚出来ている持ち物、自信のある持ち物は
特に使用頻度が高まりますから。

「○○(子供)ちゃんはお片付けが上手なんだよね!」
「○○(部下)は論理的思考でいつもアドバイスくれるよな、助かるよ。」
「○○(バイト)さんは明るい笑顔が持ち味だよね!」

子供や部下に使ってほしい持ち物をどんどん伝えてあげましょう(*^^*)
mokuhyou_tassei_woman

 

効果的な育成②「持ち物を与えること」

持ち物に気付かせるだけではなく
親や上司から持ち物を与えることも大切です。

「○○(ちゃん)はホントとろいわね(怒)」
「○○(部下)はホント使えないな(怒)」
「○○(バイト)さんはこれが苦手で出来ないもんね(諦)」

等、マイナスな持ち物を与えてしまっていませんか?

持たせる持ち物は、本人に期待を込めた内容にしましょう。
そのためにはまず相手と向き合うこと
そして魅力を発見、発掘することです(*^^*)
image_1336_400_0

 

以上です。

教育者の皆さま

持ち物を意識的にも無意識的も使ってしまうのが人間です。
使ってほしい持ち物をたくさん与えて、人材育成頑張りましょう!

保田もまだまだ精進中、頑張ります!

↓イベント・キャンペーン人材にお悩みの方はチェック↓
グッドウェーブプロモーション

記事を書いた人

保田 寛

保田 寛【総務担当】

総務部

株式会社グッドウェーブプロモーションの総務とし社内全般のサポートや採用サポートを行なっています。
今まで面接した人数は2,000人超!
NLPや行動科学、コーチング等の学びを活かし、スタッフ教育やマネージメントにも力を入れています。
音楽(特にイエモン❤︎)や読書、漫画が好きで、社内レンタルサービスも実施中(笑)

カテゴリー

最新の記事