STAFF BLOGスタッフブログ

イベントスタッフ派遣会社をお探しの方へ  失敗しない派遣会社の選び方

イベント運営 鈴木亮ブログ

img_top

こんにちは!グッドウェーブプロモーション鈴木です!

この時期、イベントやサンプリング、試食試飲とあらゆるプロモーション活動で

忙しい会社が多いのではないでしょうか?

おそらく、このブログを読んでくれているということは

何かしらのイベントやプロモーション活動でお悩みなのではありませんか?

 

・今まで頼んでいた会社に繁忙期で断られてしまった…

・今後のために、新しい会社と付き合いたい!

・今までの会社が問題を起こしてしまって困っている…

 

色々な事情があって、新規で取引する会社を探している方であれば、ぜひ読んでほしい!

なぜなら、今日は新規でイベントスタッフの派遣会社を探すコツをお教えするからです。

一応、イベント運営の現場をディレクターやスタッフのアルバイトの立場から、

今はイベント運営会社の経営と幅広く経験してきている僕なので、

イベント運営会社はもちろん、沢山の制作会社や広告代理店、そしてメーカーさんと

様々なお客様や関係者とお付き合いしてきました。

実績はこんな感じです。http://www.goodwave.co.jp/performance/

その中で、沢山の協力会社を探してきた経験が、

みなさんのお役に立てたら嬉しいです。

 

 

その① イベント会社の特色を知る

まずは、イベント運営会社でなく、もっと大きな括りでイベント会社を説明します。

イベント会社という枠で考えると、

イベントの企画、制作、運営と大きく分けることができます。

 

イベント企画はその名のとおり、企画をメインに業務を行っている集団。

企画を考えるプロフェッショナル集団なのですが、

企画を専門にしているところは、ほとんど無く、

通常はその後の制作から運営管理までを行うことが多いのです。

電通さん、博報堂さん、ADKさんのような大手広告代理店が行っているような業務に

なるのですが、大手広告代理店さんにとっては、

イベントは業務の一部にしか過ぎないため、

イベント企画制作会社とがっつりタッグを組んでやっていることが多いのです。

 

もしあなたが、何もアイデアが無く、何かをプロモーションするためにイベントを

やりたいのであれば、このような会社さんに頼めば、全てを解決してくれると思います。

ただし、それなりの予算と規模感がないと、なかなか仕事を受けてもらえない事実も

把握しておいたほうが良いでしょう。

 

それでは、イベント運営会社ってなんなの?と思った方もいると思いますが

ほとんどのイベント企画制作会社、もちろん大手代理店さんも含めて

運営に必要な「人」や「もの」、特に「人材」を抱えているところはありません。

つまり、一般的にイベント運営会社とは、

人材派遣会社でイベント人材を扱うところが多いのです。

 

もちろん、イベント運営会社も、企画や制作も出来るところは多いです。

うちの会社も、過去に様々なイベントの企画制作も行ってきました。

お客様に大手代理店さんもあれば、業界で有名なイベント制作会社さんも多いので、

企画制作ノウハウも蓄積させて頂きました。

しかしながら、やはり餅屋は餅屋。

我々の最大の強みは、イベントに特化して育ててきた人材です。

企画制作の規模や内容によっては、我々がやれるレベルではない場合は、

正直にお客様にお話して、企画制作の強い会社をご紹介して、一緒にやることも少なくありません。

あくまでも、企画も出来るイベント人材に特化した派遣会社である自覚を持っています。

 

実は意外とこの自覚が大切なのです。

会社としては対応可能な業務を増やして、売上を増やしたいという会社が普通です。

そのため、やったことがない事も、出来ます!って言う会社がなかなか多い。

気持ちは理解できますが、仕事を頼む側からすると、

出来ないことは出来ないとはっきり言って欲しい。

 

そこを考えると、頼む側が先方の得意不得意を把握することがとっても大切です。

よくあるのが、軽作業や工場作業・警備をメインの人材派遣会社が、

イベント業務を行っている場合や試飲試食をメインでやっている会社が

イベント業務を行っている会社です。

 

主体事業がブルーワークである場合、接客向きの人材が沢山いるかというと

当然少ないですよね。

試食メインで人を集めている場合、若い人が沢山いるかというと非常に疑問です。

逆もしかり、何かをしっかり売りたい場合に、セールが強いスタッフが

イベントの強い会社に多いかというとこれも疑問です。

 

 

 

イベント運営というカテゴリーでも、

様々な種類があることも意識しなくてはいけません。

 

メディアを賑やかすPRイベント

展示会

CM発表会

コンパニオン

ライブ

フェス

抽選会

セミナー運営

学会や式典

地方活性イベント

期間イベント店舗

サンプリング

試飲試食

 

つまり、イベントと言っても沢山の業務があり、

まったく違った内容のものが混在しているのです。

 

その② 実績をしっかり見極める

つまり、何が言いたいのかというと、その会社によって、得意、不得意が明確にあるので、

ご自分がこれから任せたい仕事の分野について、得意なところにお願いしなくては

あとで後悔することが多いということです。

 

では、どのようにそんな会社を探すのか?

一番良いのは紹介です!

弊社の仕事の8割は、お客様企業の他部署や関係会社からの紹介が

8割で成り立っております。

そういうことをやりたいなら、グッドウェーブが良いので紹介するよという流れです。

 

でも、それでは、ここで新しい会社を探してる皆さんには、

まったく役にたたないですよね。

なので、ここではインターネットで探す場合に

注意をするべき具体的な点をお教えします。

 

そこでまず重要なのがホームページに記載されている実績です。

しっかり読み込むと、その会社の特色が必ず見えてくると思います。

ライブやフェスの実績が多い会社で、試飲試食の得意な会社はまず皆無です。

セミナー運営を得意としている会社にプロモーション系のイベントが苦手なことも

多々あります。ある程度の規模感にて、実績を作ってきている会社で、

色々な業務の実績がある会社もありますが、

どのような業務が、その会社は得意なのかを読み込むことが、

まず第一の大事なフィルターになります。

 

注意が必要なのが、イベント企画制作会社には、

実績が書かれていないところはあります。

それは、どれだけ有名なイベントやプロモーションを手がけても、

守秘義務の問題でホームページなどには記載ができない場合は多いのです。

なので、制作企画会社を探す場合には当てはまらないことも多いのですが、

運営会社のホームページでは実績の記載がないところは、なるべく避けた方が無難です。

なぜなら、イベント運営会社の場合は実績の記載が出来ない

=クライアントとの関係性が少ない

または

=孫請けの仕事が多い

という会社が多いということです。

 

やはり、長い実績があるということは、クライアントとの関係性が長いということ。

イベントスタッフを派遣する会社の場合、

人材クオリティーや管理体制が甘いと、非常にトラブルが多くなるものです。

私の立場で言ってはいけないかもしれませんが、

人材を扱う限りは、トラブルを100%無くすことは不可能だと思っています。

寝坊や欠員、お客様トラブル、長くこの仕事をしていると、

必ず何かしら起きるものです。

ましては、イベントスタッフとなると、ほぼ100%はアルバイトという立場。

彼らに絶対の責任感を持たせるというのは、非常に難しい。

これを理解したうえで、会社として努力しなくてはいけない必須事項は2つ。

 

①緊急トラブル時のバックアップ体制

遅刻、欠員が出た時のスタンバイ等のバックアップはもちろん、

社員や会社としてのフォローアップ。

すみません、今日のスタッフが行けなくなったので、今探してますので・・・

なんて言われても、現場は待ってくれませんよね・・・

社員が動いてくれる会社は、まだ良いのですが、基本それは最終手段。

ある程度、リスクを予想して、2重3重にバックアップをしている会社は

まだまだ少ないのが現状です。

 

②アルバイトスタッフの教育

登録制のスタッフ派遣に多いのが、人をかき集めて教育を全くしていないところ・・・

アルバイトのスタッフが問題を起こす原因は、

 

「ちゃんと会社が大切なことを教えてないから」

 

ただ、これだけです。

弊社の場合は面接に合格したあと、合格者全員に3時間ほどのスタッフ研修を行います。

会社のルールは当然のこと、仕事に対する考え方など、受ける側は面倒だな・・・と

思うようなことを続けてきました。

我々やクライアントの考え方や想いを伝えることが大切なことはもちろんですが、

この長い研修の間に、ある意味、再度面接を行っており、

ここで対応が悪いスタッフなどは絶対に仕事で使うことが無いようにしております。

また、定期的な研修(基礎研修、ディレクター研修、業務によってはスキル研修)

さらにほとんどの定期業務は、会議やミーティングも実施しております。

彼らの労働環境を改善しながら、我々やクライアントの考えを伝えていくのです。

ここまでやっても、人を扱う仕事である限り、100%完璧に事故は防げません。

でも、100%に近づける努力を続けるか否かで、

スタッフのクオリティーはまったく変わってくるのです。

 

長くなってきたので、これくらいにしておきますが

①特色と実績をしっかり見極めること

②スタッフ派遣における管理体制を確認すること

大きく分けて、この2つをしっかりみつけて、良い会社を見つけてみてください。

 

もし、うちの会社の実績をみて、うちに任せてみたいと思った方は

気軽にご相談くださいね。

ではでは。

 

鈴木

記事を書いた人

鈴木亮

Suzuki Ryo

大手企業のプロモーションを手掛けるイベント会社、(株)グッドウェーブプロモーション取締役。
日本で12,000人以上、中国を合わせると年間90,000人以上のアルバイトを管理し、指導や管理までをこなすスーパーアルバイトも多数育てています。
イベントだけではなく、小売店舗やサービス業へのアルバイト派遣も多数行なっています。
私自身が30歳まで、フリーターであった経験を活かして、
非正規雇用者である20代の若者たちを立派な社会人に育て、非正規雇用者の雇用促進活動も行っています。
クライアントは電通、ADKなどの広告代理店をはじめ、コカ・コーラ、ゼスプリ、バンダイナムコ、ベネッセなど多数。
最近では、出版をきっかけに講演活動も行い、他業界の企業の支援も行っている。

カテゴリー

最新の記事