STAFF BLOGスタッフブログ

【イベント事例】クリスマス・年末商戦の抽選会イベント運営事例(小田急)

イベント実績 イベント運営 セールスプロモーション【実績】 抽選会 抽選会【実績】

case_01_13

小田急電鉄グループの商業施設では、クリスマス時期の年末商戦に合わせ、毎年40日間前後の抽選会を開催。
グッドウェーブプロモーションは運営を担当。 期間中の平均抽選回数は40万回転、抽選参加者数は10万人、抽選会スタッフ数は400名以上と、規模は小田急グループ内でも“最大級”のイベント。

クリスマス・年末商戦の抽選会
イベント運営事例(小田急)
精度の高い「抽選回数の想定」「当選設定の的確な予測」とお客さま目線の会場運営

抽選会イベント~成功のポイント~

e_01_13

Point.1 抽選会のスムーズな運営
当選設定の的確な予測

抽選会をスムーズに運営するうえで、ご担当者さまにとって大変かつ重要となることに、「抽選回数の想定」「当選設定の的確な予測」があります。グッドウェーブプロモーションでは、過去の実施データ、各年の世の中経済状況・売り上げ予測データ・カレンダー、さらにはグッドウェーブプロモーション独自の情報などを加味し、より精度の高い内容をご案内してきました。
これまで多数抽選会を運営してきたグッドウェーブプロモーションだからこそできることだと考えています。

Point.2 お客様が利用しやすい環境の整備
待ち時間の短縮と誘導・整列の改善

お客様が利用しやすい抽選会場にするには、いかにお客様の「待ち時間を短縮」し、お客様の「誘導をスムーズに行う」ことができるかが重要になります。
1人あたりの抽選回数は平均4回程度ですが、それでも最終日に近づくにつれ、1日あたり1万人以上が抽選に参加されます。中には抽選券を期間中貯めていたお客様や高額商品をご購入いただいたお客様の中には、抽選回数が100〜200回以上の方も多くおられます。

グッドウェーブプロモーションが運営を担当させていただく以前や初めて担当させていただいた際には、お客様の待ち時間も、抽選会終盤のピーク時間には最大で40分前後にもなりました。
翌年からは、お客様の待ち時間の短縮を課題として掲げ、その課題の解決に取り組んでいきました。予算を考え、実施場所や極端に抽選機・スタッフ数の増員を行うことはせず、他ではあまり例のないお客様の誘導方法を取り入れた結果、最大待ち時間は半分近く短縮されました。
さらに、お待ちいただいている時間をなるべく楽しく過ごしていただけるよう工夫を凝らしたご案内を行うことで、お客様にとって利用しやすい抽選会場を実現しています。

Point.3 ご担当者様が安心して手放しできる現場を実現
報・連・相の徹底

ご担当者様が安心し、グッドウェーブプロモーションに現場の全てをお任せ頂けるよう、報・連・相は徹底して行います。これまで、現場責任者から、グッドウェーブプロモーション社員、そしてご担当者さまへと報・連・相を怠らず続けてきた結果、多くの現場で信頼していただけるようになりました。信頼と実績から、ご担当者様が安心して手放しできる現場を実現しております。

備考

このイベントは、最終日に近づくにつれ、1日あたりの参加者数が増えていきます。そのため、大型ガラポン20台を用いて、30名以上のスタッフで運営を行うことから、小田急グループの関係者からの注目が、最も多く集まるイベントの1つとなっています。グッドウェーブプロモーションでは、2004年から担当させていただいています。

カテゴリー

最新の記事