STAFF BLOGスタッフブログ

奄美大島 研修旅行の巻

鈴木亮ブログ

こんにちは!
グッドウェーブ鈴木です。

先日奄美大島に研修旅行に行ってきました。
まわりには、遊んでばかりでうらやましい!と言われますが、
ちゃんとした研修旅行です。笑

実際学びが多かったので、今日はそのことを書きたいと思います。

 

THE SCEANE

10552259

今回お世話になったホテルが
奄美大島に9月オープンしました

「THE SCEANE」
http://hotel-scene.jp/concept.html

実はここ、Dr.ストレッチの本部である
株式会社フュービックさんがオープンさせたホテルなんです。

ここの魅力は何といってもこれ!

10552238

 

10552232

目の前に広がる真っ青な海~!
僕は発見できませんでした、社員の後藤さんはウミガメ2匹と泳いだそうです。
うらやましい・・・

そして、これ!

10552227

満点の星空!
こんなに綺麗な星空を初めてみました!

来年には、屋上に星空を眺めながら
ゆっくり飲めるBARがオープンするそうです。

と、こんな話ばかり書いてると
やっぱり遊んでるだけじゃんと言われちゃうので
話を戻しましょう。笑

 

これからの時代は変化力!

今回、僕らが学びに行ったのは、サービス力。
各社員はサービスをテーマに、レポートがあるので、
ホテルの裏を色々と見せていただきました。

でも、実際行って、僕が一番驚いたのが

「変化力」

ここで責任者をしているのは取締役の小林さん。

もともと、フュービックさんの中で
中古自動車販売の担当役員だった人です。

僕自身も10年近く前の話になりますが、
車を買ったときにお世話になったこともありました。

その小林さんが
なんと、このホテルで受付からバトラーから
配膳から、もちろん、僕らから見えないマネージメントから
裏方の仕事までを、実際に現場にたって動いているではないですか。

聞くと、こちらへの移動が決まってから、
代官山の有名店「カノビアーノ」で修業に行き、
サービスを学んで来たそうです。

今までオフィスワークを続けてきて、
いきなり現場に移動になり、
そして順応している。

しかも、レベルが非常に高い!

だって、「また来たいな~」と
自然と思いましたもん。

ただ、もっと凄いのが、小林さんだけではないところ。

食事をサーブする人たちも、
食事を作る人たちも
元、現のトレーナーだったり、
マッサージ師だったり・・・

しかも、皆さん、本当に一生懸命で感じが良い。
アバウトな評価だけど、でも、この感じの良さって
サービス業や営業では、コアとなる武器ですからね。

これには、本気で驚かされました。

 

20年後には、今の職業の半分以上がなくなると言われている現在。

もっと短いスパンでも、
変化に対応するために、
各企業が変化を受け入れています。
受け入れなければ、生きてはいけない時代とも言えます。

うちの会社も同じです。

プロモーション事業やストレッチ事業、
キックボクシングジムから、フルーツジュース店。

失敗も含めれば、生き残るために、沢山の業態にチャレンジしてきました。

そして、これからも、
今は想像すら出来ない仕事にチャレンジしていくかもしれません。

その会社の変化に、
僕らは「変化力」をもって、
ついていくことが大切なんだと思います。

「私はこれしかできないから・・・」

ではなく、

「私はこれができますので、それを武器にチャレンジしてみます。」

この発想が大切なんだと思います。

特に、小林さんのように
僕たち取締役陣が、率先垂範で
「変化力」をつけていくことが必要なのを
今回の研修旅行で思い知らされました。

mmexport1441926490688

最後に、小林さんと熱く語りすぎてる画。

決して、小林さんがさぼってる写真ではありません!
でも、僕と2時まで飲んだくれていたことは、
内緒にしたいと思います。笑

記事を書いた人

鈴木亮

Suzuki Ryo

大手企業のプロモーションを手掛けるイベント会社、(株)グッドウェーブプロモーション取締役。
日本で12,000人以上、中国を合わせると年間90,000人以上のアルバイトを管理し、指導や管理までをこなすスーパーアルバイトも多数育てています。
イベントだけではなく、小売店舗やサービス業へのアルバイト派遣も多数行なっています。
私自身が30歳まで、フリーターであった経験を活かして、
非正規雇用者である20代の若者たちを立派な社会人に育て、非正規雇用者の雇用促進活動も行っています。
クライアントは電通、ADKなどの広告代理店をはじめ、コカ・コーラ、ゼスプリ、バンダイナムコ、ベネッセなど多数。
最近では、出版をきっかけに講演活動も行い、他業界の企業の支援も行っている。

カテゴリー

最新の記事